概要/お知らせ


概要
編集委員
編集委員会からのお知らせ
表紙デザインにみる『民族學研究』と『文化人類学』の歴史



『文化人類学』とは

 『文化人類学』は日本文化人類学会の機関誌です。2004年度より新名称『文化人類学』を採用していますが、『民族學研究』1巻〜68巻(1935〜2003年度)を継承し、69巻からこの名称を使用しています。年4回(6月、9月、12月、3月)発行です。


編集委員(第29期)

石井美保(編集主任)、飯田卓(副主任・J-STAGE担当)、川口幸大(特集主任)、湖中真哉(レビュー主任)、石田慎一郎(特集主任補佐・都立大)、松尾瑞穂(特集主任補佐・民博)、西村一之(レビュー主任補佐・日本女子大)、松本尚之(横国大)、波佐間逸博(長崎大)、田所聖志(秋田大)、風間計博(京都大)、深田淳太郎(三重大)、神原ゆうこ(北九大)、長谷千代子(九州大)、奈倉京子(静岡県立大)、長坂格(広島大)、中空萌(広島大)、山崎吾郎(大阪大)、門田岳久(立教大)、北中淳子(慶應大)、大川真由子(神奈川大)、金谷美和(国際ファッション大)、小田博志(北海道大)、原知章(早稲田大)、川瀬慈(民博)


編集委員会からのお知らせ



表紙デザインにみる『民族學研究』と『文化人類学』の歴史


『文化人類学』81巻〜(2016年度〜)※表紙画像、色帯は毎号変わります



『文化人類学』69〜80巻(2004〜2015年度)

『民族學研究』29〜68巻(1964〜2003年度)

『季刊民族學研究』14〜28巻(1949〜1963年度)

『民族學研究』1〜13巻(1935〜1948年度)