Japanese Review of Cultural Anthropology とは

Japanese Review of Cultural Anthropology (JRCA) は日本文化人類学会が刊行する英文誌であり、『文化人類学』の別冊としてこれまで年刊で(毎年1冊ずつ)発行されてきましたが、2016年度より、毎年2号発行されます。各巻の内容はContentsをご覧下さい。

JRCAは1998年、当時の日本民族学会(現在の日本文化人類学会)会員の研究成果を海外に発信する目的で、1号が刊行され、2号 (2001年)からは年刊に移行しました。当初は、日本の文化人類学・民族学分野における研究の蓄積と成果を振り返るレビュー論文が中心でしたが、3号からはオリジナルな研究論文も掲載し、4号からは書評も掲載しています。

JRCAの電子版はこれまでCiNiiで公開して参りましたが、現在J-STAGEに移行中です

編集委員: 佐々木重洋(編集主任、名古屋大)、東賢太朗(名古屋大)、石井美保(京都大)、ドナルド・ウッド(秋田大)、トム・ギル(明治学院大)、クネヒト・ペトロ(南山大)、中谷文美(岡山大)、中空萌(広島大)、原知章(早稲田大)、モハーチ・ゲルゲイ(大阪大)、吉田早悠里(南山大)